2013年06月24日

チッチ、永眠

ポチたま会主催:6月30日(日)は松戸で譲渡会です。会場詳細はこちら


ポチたま会では一緒に活動するボランティアさん大募集中です。
犬・猫の預かり、ポチたまハウスにいる犬・猫のお世話、
譲渡会のお手伝いなど皆さんの力を貸してください。詳細は→こちら

            


だいぶ、間があいてしまいました。

現在は乳飲み子3兄妹を育てつつ
白血病棟の4にゃんのお世話に励んでいます。

というのも、6月10日にチッチが亡くなったからです。

一時はカリカリを食べるほどに食欲がもどったんですが
またすぐに食欲がなくなり、肺炎のような症状もはじまってからは
缶詰類も食べなくなりました。

それでは、と、ツナの缶詰やアイスなどを出しても見向きもせず
水を少し飲む以外は、きっぱりとなにも食べませんでした。

それでも少し苦しそうに呼吸する割には
キャットタワーに乗ったり、好きな場所に移動してくつろいだりしていました。

ただ、亡くなる2日前くらいから
粗相をしたり、よだれを垂らしたり、
意味不明の行動をしたりするようになりました。

はじめてのことで、この状態がどれぐらい続くのかもわからなかったので、
次の日にでも病院の先生に相談しようと思っていたその日の晩に亡くなりました。


少し意外だったのは
ひなちゃんが、具合の悪いチッチと
寄り添うように寝ていることが多かったことです。

兄妹のサリーとトットは問題なく元気なので、
そのためチッチとはケージを別にするしかなかったんですが
あちこちにベッドがあるのに
2匹で一緒に寝ている様子を見ると
少し、気分が楽になるところがありました。

亡くなった晩にひなちゃんが夜泣きしたことと考え合わせると
彼女なりにチッチを励まし、看病してくれたんだな、と思います。


いえにゃんを看取るのとは、また違う経験でした。
まだ、4匹控えていますので(白血病の子を保護するってそういうことなんですよね)
気を引き締めて、お世話したいと思います。


kototaouji at 15:12│Comments(2)TrackBack(0) 預かりにゃん 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ☆ベル☆   2013年06月26日 19:52
最期を看取るのは辛いですよね・・・(;;)

チッチちゃん、これからは天国で安らかに暮らしてね・・・。
2. Posted by こあや   2013年06月26日 23:09
>ベルさん
コメントありがとうございます。

白血病ってわかっているんだから
それなりに心の準備はしてましたが
いざ、衰弱していく姿を見るのは
やっぱりつらかったです。

飼い猫だったら完全室内飼い、
外で暮らす猫だったらTNRという方法があることを広めることの大切さを感じます。

いつも応援ありがとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字